2011年10月13日

『人生がときめく片づけの魔法』 近藤麻理恵/著

03361877.jpg床が見えないゴミ部屋をホテルのスイートルームのように劇的に変える「こんまり流ときめき整理収納法」。この方法で一度完璧に片付けをすると、二度と散らからず、人生まで変わってくるらしい。



posted by tosyo at 15:57| 図書の紹介

2011年10月07日

『9割がバイトでも最高のスタッフに育つディズニーの教え方』 福島文二郎/著

03341069.jpgディズニーは人材教育の「しくみ」&「しかけ」の宝庫。部下、後輩など相手がどんな立場でも、チーム全員がリーダーになるような「人を育てる」法則を、ディズニーに長年勤め、100プログラム以上の研修を開発してきた著者が公開する。
部活など、先輩・後輩関係を築くのにも参考になりそう。



posted by tosyo at 17:30| 図書の紹介

2011年10月06日

『舟を編む』 三浦しをん/著

03451743.jpg玄武書房に勤める馬締光也。営業部では変人として持て余されていたが、人とは違う視点で言葉を捉える馬締は、辞書編集部に迎えられる。新しい辞書『大渡海』を編む仲間として。定年間近のベテラン編集者、日本語研究に人生を捧げる老学者、徐々に辞書に愛情を持ち始めるチャラ男、そして出会った運命の女性。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか。(帯紹介文より)
posted by tosyo at 16:00| 図書の紹介

2011年10月03日

『つぶやきのクリーム』 森 博嗣/著

03450600.jpg「何から手をつけたら良いのかわからない状態とは、なんでも良いから手をつけた方が良い状態のことである。」小説家である著者が、人生、仕事などについて考えていることをつぶやく。




posted by tosyo at 16:15| 図書の紹介

2011年09月26日

『困ってるひと』 大野更紗/著

03414665.jpg大学院でビルマの難民について夢中で研究していたある日、突然原因不明の難病に侵されてしまった著者。生きているのもやっとの状態で、たったひとりで病院を探し、役所に申請する書類に悪戦苦闘。引越しもこなし、恋もする。エネルギッシュで前向きな著者の闘病記。


posted by tosyo at 16:29| 図書の紹介

2011年09月06日

『日本人なら知っておきたい日本文学』 蛇蔵&海野凪子/著

03453024.jpgベストセラー『日本人の知らない日本語』の著者の、待望の最新作です。 清少納言・紫式部・藤原道長・安倍晴明ほか、古典の授業でも習う日本文学上の有名人たち9人について、人物像をマンガで紹介。笑ったり共感したりするうちに、古典そのものに興味がわく教養コミックです。
posted by tosyo at 17:06| 図書の紹介

2011年09月05日

『ビジュアル科学大事典』 日経ナショナルジオグラフィック社

03144071.jpg宇宙・地球・生物学・化学・物理学と技術・数学の全分野を網羅した科学大事典。約1200点の美しい写真と図版により、わかりやすく解説。1ページ1トピックで、要約と関連解説付きの理解しやすい構成。


posted by tosyo at 16:08| 図書の紹介

2011年07月22日

『森見登美彦の京都ぐるぐる案内』 森見登美彦/著

03416520.jpg森見登美彦の名作の舞台が美しい写真で紹介されている京都ガイド。森見作品を読んでからこの本を読むのもいいし、この本を読んでから小説を読むのも、舞台が想像しやすくていいですよ。漫画家・今日マチ子による描きおろし画も収録。


posted by tosyo at 11:13| 図書委員

2011年06月18日

『マルカの長い旅』 ミリヤム・プレスラー/著 松永美穂/訳

03278086.jpg第二次世界大戦中、ユダヤ人であるマルカと母と姉はドイツ人からの迫害を逃れるため、着の身着のまま逃亡の旅に出た。だが過酷な旅の途中、病に罹ったマルカはわずか7歳で知らない町に取り残されてしまう。実在の人物の経験を基に著者が脚色した物語。
読書感想文課題図書(高校)。



posted by tosyo at 14:07| 図書の紹介

2011年05月30日

『生きる わたしたちの思い〜第2章』 谷川俊太郎with friends/著

03101898.jpg詩人・谷川俊太郎の傑作『生きる』をお手本に、「みんなの〔生きる〕をつなげていこう」という試みが、mixiの谷川俊太郎コミュニティで始まり、そのトピックを元に本書が出版された。年齢も環境も様々な人たちから寄せられたそれぞれの「生きる」ということ。
心に響きます。
posted by tosyo at 17:11| 図書の紹介